ブラジルの切手紹介-56


ブラジル軍服の変遷

1985年に発行されたブラジル軍の初期の軍服の切手です。

f0096068_3502434.jpgf0096068_3505911.jpg

















f0096068_3543050.jpg 南米大陸13ヶ国の大半が19世紀前半に独立した南アメリカ諸国の軍服は、同時期のヨーロッパ諸国(特に旧支配国のスペイン、ポルトガル)のパターンをほぼ踏襲する形で出発した。
その後、特に陸軍の軍服においては主に以下の3国の影響を受け、これらの要素が混在しながら各国の軍服の個性を生かしていると言える。

フランスの19世紀中葉~同世紀末の軍服、
ドイツの19世紀末~第二次大戦前の軍服
アメリカ合衆国の第二次大戦後の軍服の影響を受けている。




ブラジル陸軍の軍服
f0096068_357550.jpg


ブラジル海軍の軍服
海軍の軍服は、ほぼ一貫してイギリスの影響を受けたものであった。
f0096068_3575544.jpg


ブラジル空軍の軍服
f0096068_358376.jpg



[PR]
by wagahai_tt | 2013-02-27 04:05 | 切手 | Comments(0)
<< ブラジルの切手紹介-57 ブラジルの切手紹介-55 >>