ブラジルの切手紹介-53


カイシャ・エコノミカ銀行

1986年に発行された、設立125年を記念する切手です

f0096068_3591032.jpg

CAIXA ECONÔMICA FEDERAL(カイシャ・エコノミカ・フェデラル)は、主に、州政府および都市のインフラ整備に関する融資も含めての企画、立案ならびに教育、医療、衛生関係、住宅取得への資金供給のほかに、個人ならびに民間生産部門への一般融資、年金基金と社会統合プログラム等を運用する最大の政府系金融機関であり、多くのブラジル人にとって欠かせない存在です。

CAIXA(カイシャ)は1861年1月12日に、預金の奨励と担保付貸付の提供を目的として、法令第2723号に基づきドン・ペドロ2世により設立されました。
これらのサービスは、他の金融機関と異なり、預金を保証するだけでなく、当時他の金融機関が行っていたような、借入人に対して法外な金利を要求する市場に対抗するためです。

CAIXAは、奴隷解放証明書の購入によって自由を手に入れようとしていた奴隷や社会的身分の低い人々が資金を集めるのを助け、これらの人々から大きな支持を得たように、CAIXAは設立当初から、社会問題に焦点を当ててきたのです。

今日では、CAIXAはラテンアメリカ最大の政府系銀行になっています。3,600以上の拠点を持ち、ブラジル国内5,564の市町村すべてにおいて、5,100万人のお客様にサービスを提供しております。

f0096068_423349.jpg

ブラジル財務省傘下の100%政府系銀行として、CAIXAは公共政策、特に都市開発やインフラ整備、低所得者向けの社会プログラムの実施に際し、重要な役割を担うことを目指しています。政府によるBolsa Família(家族給付金)プログラムにおいては、CAIXAのネットワークにより、1,300万世帯が援助を受けています。このプログラムにより、2003年から09年の間に、2,400万人ものブラジル人が低所得層から中間所得層に上がることができました。

またCAIXAは、50年前に、BNH(国立住宅銀行)を吸収合併し、市場の74%を占める大規模な住宅ローン融資を行う一方、都市開発、特に上下水道の整備に関する投資信託も斡旋しています。

ブラジルの連邦貯蓄銀行(CAIXA)が浜松市に駐在事務所を開設しました
在日ブラジル人の生活向上を目的に当金庫と業務提携をしているブラジルの連邦貯蓄銀行(カイシャ・エコノミカ・フェデラル)が、2007年(H19年)2月8日浜松市(浜松センタービル7階)に日本初の駐在事務所を開設しました。
事務所には従業員2名が常駐し、将来の支店開設に向け、銀行免許取得の準備や市場調査を行います。

f0096068_445212.jpg

開設記念式典には、両金融機関や県、浜松市、磐田市の関係者約50人が出席し、テープカットや鏡開きなどで開所を祝いました。
式典の様子は、モニター中継し本国ブラジルの連邦貯蓄銀行でも放映されました。

[PR]
by wagahai_tt | 2013-01-30 04:06 | 切手 | Comments(0)
<< ブラジルの切手紹介-54 ブラジルの切手紹介-52 >>