ブラジルの切手紹介-48


パラシュート部隊

1985年に発行された陸軍パラシュート部隊40周年の切手です。
f0096068_3393475.jpg


ブラジル・リオデジャネイロの「ファベーラ」と呼ばれるスラム街を拠点とする 犯罪組織と警察の衝突激化で、ブラジル政府は、陸軍パラシュート部隊を派遣し、“市街戦”を繰り広げ組織の壊滅作戦に乗り出した。

顔にペイントし、迷彩柄のTシャツ姿の兵士が自動小銃を手に次々とファベーラに到着し、空と陸の2方面から組織を抑え込む作戦を実行した。

f0096068_3405559.jpgf0096068_341199.jpg








  
警察側は特殊部隊や装甲車、応援の軍兵士ら約2500人規模で掃討作戦を強行した。
一連の銃撃戦でメンバー45人が死亡し、200人近くを逮捕した。
制圧後のファベーラ捜索で、大麻40トン、コカイン200キロなどを押収したという。

スラム街「ファベーラ」を拠点とする麻薬組織は、もとからの麻薬カルテルではなく、1964~85年の独裁政権時代に反対勢力を沈黙させるために動いていた準軍組織の暗殺部隊を起源とする「民兵」 と呼ばれる新マフィア勢力だそうです。

「民兵」の由来は、1964~85年の独裁政権時代に反対勢力を沈黙させるために動いていた準軍組織の暗殺部隊にさかのぼる。その後は非番の消防隊員や警官、看守などが「民兵」を構成するようになり、ストリートキッズなどを取り締まってきたが、長年、麻薬カルテルよりは「悪質でない」とみなされていた。
しかしこの「民兵」が、最近になってリオで広く支配力を強め、新マフィア勢力に成長した。2006年には、西部の数か所のスラムに浸透してカルテルを追放し、頭角を現してきた。

発表された報告によると、リオのスラムでも規模の大きい上位250か所のうち100か所以上を「民兵」が支配している。一方、リオ最大の麻薬カルテルが現在支配下に置くスラムは、わずか55か所だ。

[PR]
by wagahai_tt | 2012-12-26 03:47 | 切手 | Comments(0)
<< ブラジルの切手紹介‐49 エコ・クリスマス >>