ブラジルの切手紹介-44


シモン・ボリバル生誕200年

1983年にブラジルで発行されたシモン・ボリバル生誕200年の切手です。

f0096068_150922.jpg

シモン・ボリバル(シモン・ホセ・アントニオ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダー・ボリバル・イ・パラシオス、Simón José Antonio de la Santísima Trinidad Bolívar y Palacios、1783年7月24日 ~ 1830年12月17日)は、南米大陸のアンデス5ヵ国をスペインから独立に導き、統一したコロンビア共和国を打ちたてようとした革命家、軍人、政治家、思想家です。

f0096068_1511133.jpg

ベネズエラのカラカスにアメリカ大陸屈指の名家の男子として生まれたが、16歳のとき1799年にスペインで任官していたおじを頼ってヨーロッパに渡った。
ボリーバルは1811年にベネズエラに帰国し、3月に開かれた制憲会議で演説を行った。1811年7月に、制憲会議がベネズエラの独立を宣言した。
ボリーバルはその後の生涯をラテンアメリカの解放と統一に捧げた。このため、ラテンアメリカでは「解放者」 (El Libertador) とも呼ばれた。

[PR]
by wagahai_tt | 2012-11-14 01:54 | 切手 | Comments(0)
<< ブラジルの切手紹介-45 ブラジルの切手紹介-43 >>