ブラジルの切手紹介-33


シデルブラス

シデルブラス10周年記念の切手です。
f0096068_4205028.jpg


鉄鉱資源の豊富なブラジルは、以前から政府主導で鉄鋼生産拡大のための政策が採られてきた。

1973 年にシデルブラスが設立され、1983 年には、日本、イタリア、ブラジルの3カ国により鉄鋼半製品(スラブ)に特化したシデルブラスが操業を開始した。

90 年代に入り、シデルブラス系の鉄鋼会社が次々に民営化されたが、民営化をきっかけに同業界は生産設備を一新し、生産性は大幅に向上した。

このことはブラジル産鉄鋼の国際競争力を向上させることとなった。

鉄鋼工場は鉄鉱石の産地に近いミナス・ジェラエス州や積み出し港に近いリオ・デ・ジャネイロ州、そして自動車産業など大口顧客が集中しているサンパウロ州に集っている。

[PR]
by wagahai_tt | 2012-08-22 04:33 | 切手 | Comments(0)
<< ブラジルの切手紹介-34 ブラジルの切手紹介-32 >>