ブラジルの切手紹介-28


82年FIFAワールドカップ

1982年のワールドカップの切手です。
f0096068_50059.jpgf0096068_502733.jpg 













f0096068_524534.jpg1982 FIFAワールドカップは、6月13日から7月11日にかけて、スペインで開催された第12回目のFIFAワールドカップの切手です。









前回優勝国のアルゼンチンは開幕戦となったベルギー戦を0:1で落としたが、その後はディエゴ・マラドーナらの活躍もあって連勝し2次リーグへの進出を決めたが、しかし、2次リーグではイタリア、ブラジルと同じ激戦区のグループCに組み込まれ、2連敗を喫して姿を消した。
マラドーナはブラジル戦で執拗なマークに苛立ったあまり、相手選手の腹を蹴る反則行為で一発退場となった。

この大会の序盤は1次リーグ・グループ6に入ったテレ・サンタナ率いるブラジル代表が話題をさらった形になったが、優勝はイタリアだった。
イタリアは70年の準優勝、前回のベスト4から今回の優勝と一見すると順調のように思えるが、その道程は決して楽なものではなかったようです。

[PR]
by wagahai_tt | 2012-06-27 05:06 | 切手 | Comments(0)
<< 『地球村の森2012』 植樹祭 ブラジルの切手紹介-27 >>