ブラジルの切手紹介-23


女性参政権  

1983年に発行された女性参政権付与の切手です。
f0096068_3322051.jpg

ブラジルで女性に参政権が付与されたのが1934年、男性より50年遅れでした。
女性参政権付与を記念して、何故か1983年に発行されたCr$130,00の切手です。

日本で普通選挙が実現したのは、1925年(大正14)であった。しかし、フランス革命当時の欧米と同じように、参政権が付与されたのは男性のみであった。

1945年11月21日には、まず、勅令により治安警察法が廃止され、女性の結社権が認められた。次に、同年12月17日の改正衆議院議員選挙法公布により、女性の国政参加が認められた(地方参政権は翌年の1946年9月27日の地方制度改正により実現)。1946年(昭和21)4月10日の戦後初の衆議院選挙の結果、日本初の女性議員39名が誕生した。
日本はブラジルの女性参政権付与から遅れること11年であった。

[PR]
by wagahai_tt | 2012-05-09 03:37 | 切手 | Comments(0)
<< ブラジルの切手紹介-24 ブラジルの切手紹介-22 >>