「ほっ」と。キャンペーン

エコ・クリスマス 2011年12月18日

f0096068_11102647.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します。

エコ・クリスマス 2011年12月18日

ASFLORA(アマゾン森林友の協会)は、先週に引き続きクリスマス行事を行いました。
12月18日(日)、ベレン市から55㎞の距離にあるサンタ・バルバラ郡エスペジット・リベイロ入植地で、「水源の森つくり」植樹祭を行い、クリスマスを祝いました。
今回の催し、同地の環境農業入植者協会とAsfloraが準備し、真珠のミキモト様(EFF/緑の募金助成プロジェクト)、イオン環境財団様、宮本(藍工業)様、Schincariol社様の助成を得ています。
午前9時半、入植地の公民館のある広場で、エスペジット・リベイロと近くのアブレウ・ベルメーリョ入植地の子供たち200人が集まり、木登りゲームを始めました。つるつる丸太柱の天辺に吊るされた、お菓子の入った袋を取る遊びです。一人、一人が挑戦しても、みんな滑って登れませんでした。それで、助け合いながら人の梯子をつないで登ってゆくと、お菓子が仕留められました。

f0096068_1113021.jpg

30分ほど遊んで疲れたところで、1回目のランチタイム、ハムとチーズ入りのサンドイッチです。

f0096068_11145710.jpgf0096068_11151847.jpg








ランチタイム後、クリスマス行事開催者、協力者の挨拶と植樹指導が行われました。 地元サンタ・バルバラ市セルソ副市長、州農業指導部(EMATER)サンタ・バルバラ支所イアーレ所長、州環境局環境教育部ダニエーラさん、入植者協会ミランダ会長などが挨拶しました。 また、日本から、この入植地への支援活動をしてくれている NPO地球と未来の環境基金-EFF 古瀬繁範 理事長が特別参加してくれています。 式典を終えて300m離れた植樹地に移動、「水源の森つくり」植樹の開始です。

f0096068_11171326.jpg

まだ雨が少なく乾燥しているので、今回の植樹祭では千本の苗木のみ植えました。地拵えは、水源地を囲んで0.4ヘクタール出来上がっています。 合計で9千本(イオン環境財団助成分5千本、緑の募金・ミキモト・EFF助成分4千本)の苗木を植えることにしています。

f0096068_1119678.jpgf0096068_11192955.jpg








植樹中、隣の「群馬の森」を訪れていた沼田総領事が、北伯群馬県人会長の岡島さん、平形さん、京大研究員石丸さん、大学院生田村さんと共に到着しました。
右上写真の紺のシャツ姿が、子供とアサイ苗を植えている沼田総領事です。

f0096068_11242484.jpgf0096068_11245147.jpg








植樹後、Asfloraのエーデル理事の掛け声で、全員が輪になって「クリスマス、おめでとうとう!」と、三唱しました。

f0096068_11273749.jpgf0096068_1127551.jpg







左上)EFFの古瀬氏の後方が、地拵えの済んだ水源の森つくり予定地です。
右上)昨年のクリスマス植樹祭で植えた一画です。 

f0096068_1131751.jpg

植樹後、公民館(上の木造バラック)で、飲み物と軽食が配られました。 サンタが現れ、プレゼントを子供たちに手渡しました。サンタさん、暑い最中にこの装束ですし、大勢の子達を相手に、最後はフラフラになってしまいました。

本年も、多くの方々のご協力によりAsfloraの活動が継続できました。心からお礼申し上げます。
日本の大震災後、大勢の市民によるボランティアの方々の活躍が報じられています。
私どもも、地球市民の一員として、環境教育、森つくり、持続可能な家族農業者支援活動に、新しい年もみんなで力を合わせていきたいと思います。

良いお年をお迎えください。
2011年12月23日
ASFLORA代表  佐藤卓司
副会長 山中正二
他役員一同

[PR]
by wagahai_tt | 2011-12-27 11:34 | Asflora | Comments(0)
<< 新年 ブラジルの切手紹介-5 >>