一般的な出産方法


ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(124)

ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

191.            一般的な出産方法

ブラジルでの一般的な出産は帝王切開 によるものが多く、自然分娩は少ないようです。
帝王切開による出産は、入院期間も短く出産スケジュールも事前に決められるので、妊婦にとっても出産予定が確定し、入院費用も節約できる利点があるようだ。
尚、帝王切開による出産でも、出産後2日程度で退院し自宅療養となるようです。

妊婦以上に産婦人科医にとっては、各患者の出産がスケジュール化できるので、利点が大きいようだ。その上手術費用も請求できるので収入も多くなる。

帝王切開は女性の陰毛の生え際を横に切開するようです。
ビキニの水着着用例
f0096068_3102674.jpgf0096068_3105280.jpg










Tバックの水着着用例
f0096068_3131672.jpgf0096068_3134065.jpg










この手術方法は出産後でも女性がビキニの水着やフィオデンタル(Fio-dental=糸楊枝)=Tバックの水着を着てプールや海に行くのが主な理由だそうです。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-10-23 03:16 | 印象深い事柄 | Comments(0)
<< サンタレン散策 パリカ植林と農作物 >>