サンタレン

f0096068_12114043.jpg
パラ州第二の都市サンタレン、アマゾン河本流に面しており、漁港としても盛んで、州都ベレンから旅客機で約1時間の所に位置したのんびりできる田舎町である。
乾季と雨季では水位の差が10mもあり、乾季には水浴も出来るこの奇麗な小島も雨季には水没し、全くその趣きを異にする。
又アマゾン河の本流と支流の水が温度・比重の差で混ざらず流れている場所もあり、
風光明媚で人気のある場所でもある。
以前、2家族8人で20人乗り程度の2階建て船(乗組員3人)を一日借切り、灼熱の太陽の下で釣り・水泳・ハンモッグでの昼寝等々のんびり過ごしたこともあり、庶民には出来ない優雅な体験をしたのもこのサンタレンである。
[PR]
by wagahai_tt | 2006-04-07 12:12 | ブラジル紹介 | Comments(0)
<< 鳥の巣 ピメンタ(胡椒) >>