「ほっ」と。キャンペーン

ASFLORA便り- 2011年7月30日

f0096068_3544883.jpg



7月度Asfloraの活動報告を紹介します。

2011年7月30日 エスペジット・リベイロ
入植地近況


Asfora(アマゾン森林友の協会)は、EFF(NPO地球と未来の環境基金)、緑の募金、ミキモト社のご支援を得て3年前よりサンタ・バルバラ郡の開拓部落、エスペジット・リベイロ入植地でアグロフォーレスト(森林農業)の支援活動を行っています。また環境保全のために、前記団体の他に、イオン環境財団のご支援も得て、宮脇方式による森つくりを行っています。今回は、その入植地の近況をお伝えします。
 7月30日(土)に、同入植地農民協会の役員改選があり、現職のミランダ会長が再選され、更に2年間を務めることになりました。ミランダ会長、このインバゾン(侵入)由来のこの入植地で、土地権利の獲得、入植者の組織化と環境配慮型の農業導入に努めてきました。経済的なゆとりが全く無くても、熱心に全体のために自分の時間を犠牲に働いてきたことで、彼に好意を寄せない一部の人たちも、対立者を擁して再選に反対することはなく、すんなり再選されました。
f0096068_3574134.jpg

上の写真は、7月25日(月)に、ミランダ会長(白Tシャツ)がこの2年間の活動総括を行い、次期役員を招集しているところです。Asfloraとの提携が呼び水となって、この入植地が、各種支援を得られるようになっていると感謝されました。
f0096068_3592432.jpgf0096068_3594379.jpg








f0096068_434216.jpgf0096068_441876.jpg








役員改選が終わると、みんなが協力してお膳立てした食事会、会議より盛り上がります。上左写真、子供の中に混じっているオジサンは、私のクラスメート、福井幹雄です。JICAシニアボランティアとしてパラグアイに赴任中、今回、初めて訪ねてきてくれました。

入植地内を少し紹介します。
f0096068_485770.jpg
上のパノラマ写真は、Asfloraが今年支援した畑(アグロフォーレスト・システム)の一つです。アルフレッド(右下)の畑です。
f0096068_412725.jpgf0096068_4122727.jpg







左上写真は、SEBRAE(起業支援機構)、市役所、EMATER(州農業指導公社)、ブラジル銀行支援による地鶏と蔬菜栽培を組んだ農地です。この開拓地には、他にも1か所導入されました。
右上がこの耕地の主、アルフレッド。手にしているのは野生種のパッション・フルーツです。彼は明るく剽軽者、入植者協会の副会長として、入植者53家族の良きまとめ役です。

この入植地は、森林地帯に6年前に土地を求めるグループが勝手に他人の土地に侵入してできた「インバゾン」の一つです。 Asfloraでは、隣接する貴重な自然林を保全している「アマゾン群馬の森(現在、アマゾン日伯友好の森)」への影響が及ばないことを願うと共に、入植者たちが、森を維持しながら、持続可能な営農ができるようなお手伝いをしたいと思っています。
f0096068_4164888.jpg
上の写真、2009年3月に植樹した場所です。それから2年4ヵ月、小さな森ができました。
f0096068_4201635.jpg
上の写真、2008年12月に植樹した「水源保全の森」です。2年7ヵ月が経過。左下方の明るみが、部落の憩いの水場、堰き止め池です。
この水源地帯には、他に3か所植樹しました。更に、この水源を守るため、今年末に9千本の植樹を予定しています。 このため、Asfloraのスタッフ、マルルッシアとカミーロと共にこの水源周辺耕地を見て回っています。
f0096068_4222843.jpgf0096068_42248100.jpg






 
水が湧き出ている場所には、入植者のローザ・ブリットが洗濯をしていました(前欄左上写真)。 彼女は一人住まいですが、コーヒーまで自給体制を取る働き者です。水源林が薄くなってきたことは、彼女も心配していて、植樹祭には積極的に参加しています。 一緒に水源地の回りを歩き、前欄右上写真の場所にも、森つくりをするように提案してくれました。 
f0096068_427035.jpgf0096068_4271790.jpg






 
入植地の幹線道路(上左右)が市役所によって開かれましたが、ご覧のように、水源地を横切り、むき出しになった土(砂地)は、雨が降れば谷間の小川に押し出されてしまいます。谷間の途中に、土止めはあるものの不十分なので、更に土止めを行い、各種の樹木苗を植えるようにします。
f0096068_4322134.jpgf0096068_4324358.jpg








 
水源地帯の森に、女手一人で開拓に挑むダルシレイア(右上写真、左)は、この森の大切さをよく理解しています。まだ殆ど手つかずの10ヘクタールの自分の耕地は、必要最小限の伐採に留めると言います。 裁縫の仕事をしつつ、今後、女性軍による共同蔬菜つくりに参加するそうです。下の写真は、彼女の耕地内の自然林です。
f0096068_4375679.jpgf0096068_4381796.jpg









右上の写真中、太い幹が見えるのは、Vochysia属の木です。樹皮を煎じると、気管支炎に効くとされます。最近、薬草利用の講習会も行いましたので、森の中でいろいろ薬草原料を見つけることができます。また、薬草栽培では、わずかな栽培面積でも、やり方によって良い収入を得ることもできます。森を活かした耕地で、女手一人でも生活ができる方法を一緒に考えてゆきたいと思いました。

文中敬称を略させていただきました。


ASFLORA-アマゾン森林友の協会
 代表 佐藤卓司

[PR]
by wagahai_tt | 2011-08-05 04:40 | Asflora
<< パラーブラ・ダ・ビーダ校生徒の来訪 6月度活動報告 >>