ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(121)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

188.            水辺の住民

パラ州ベレンのアマゾン河支流の中にある細い小川に面した所に、高床式の民家が点在している。
f0096068_54440100.jpgf0096068_545260.jpg









勿論アマゾンの支流の中だから電気はなく、ランプの生活だから日出で起きて日没で寝るのが日常だろう。
何故かこの様な民家の近くに、グアショと呼ばれる鳥の巣がある。
小枝に幾つもの袋をぶら提げたような巣を作っている。
この巣の形は、蛇や猿などの天敵から子孫を守る工夫なのであろう、自然界の知恵を垣間見たような気がする。
f0096068_547115.jpgf0096068_5473518.jpg









生活用水は川の水で、調理用の水は川の中程からバケツで汲み上げた茶色の水で砂を沈殿させた上澄みを使い、洗濯や入浴は川の中で、トイレは家の下の川の中に直接落とすことになるのだろう、その上落としたものは魚の餌になる。
その魚を獲って食べてまた落とす、自然循環型であろうと思われる。
交通手段はカヌーで、川の中程まで桟橋を作りカヌーを係留している。
乾季と雨季の水位の差や大西洋の干潮や満潮の影響による水位の差に対応できるように桟橋は造ってある。
近所付き合いや買い物・お出かけ・通院・子供の通学など等、全てこのカヌーの出番となる。

学校も川縁にあったり、島の高台にあったりするが、いずれも雨季の増水で被害に遭わない場所に造ってある。
f0096068_557364.jpgf0096068_5575927.jpg









彼等は自然の中でノンビリと生活しているように見えるが、果たしてどうだろう?

成長した子供達は町に出て働いているので、比較的老人や小さな子供達が中心に住んでいるようで、ここにも過疎化現象があるのでしょう。
   
彼らの生活手段は、自然の中からアマゾンの恵みを採取する生活が基本になっている。

[PR]
by wagahai_tt | 2011-05-29 05:59 | 印象深い事柄
<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>