2011年4月29日 『地球村』の森つくり

f0096068_458479.jpg



Asflora 4月度の活動報告を紹介します。

               『地球村』の森つくり

2011年4月29日、Asflora(アマゾン森林友の協会)が本拠地にしているAimex種苗センター内にて、『地球村』の森つくり植樹祭を行いました。
この森つくりは、日本のNGOネットワーク『地球村』(本部大阪、代表 高木善之さん、統括部長 渡辺裕文さん) のご支援を得て実現しました。

植樹祭前日は、朝から雨だったので少し心配でしたが、当日午前中は、素晴らしい植樹日和でした。
参加者は、地元ベネビーデスのアルコ・イーリス(虹)校の3年生と4年生45名と教員2名、Asflora8名、作業員4名の59名です。植樹祭は、Asflora環境教育プログラムから始まりました。

f0096068_4572213.jpg
8時10分到着。Transkalledy社クーラー付のバスが到着。これまでは、マイクロバスで、ぎゅうぎゅう詰でしたが、今回は、いつもと違って、子供たち、ゆったりとした表情でした。地元のビール会社(Schinkariol)とこのバス会社からのご支援で、水、清涼飲料、大型バス提供を受けました。

f0096068_45953100.jpgf0096068_501192.jpg









環境教育の開始。前の3人の生徒が水辺の木々になってもらい、後ろの生徒が雨水、そして講師のエルトン(Asflora理事、Aimex種苗センター責任者)が土砂になって、水源林の保全機能を実験をしています。
佐藤からは、今回の植樹の意義、人々の絆を大切にする「Vila do Globo(地球村)」の森つくりについての説明をしました。

f0096068_523868.jpgf0096068_53323.jpg 







苗畑を経て、森の小道入口前に整列。 そして森に入ると、急に「ドエンディ*」が現れ、みんなビックリ。 (* 森の妖精、どんな姿にもなることができます)

f0096068_581486.jpgf0096068_584310.jpg







 
森の中では、野生の花が目を楽しませてくれます。

f0096068_5114535.jpg
樵と老木の一幕、ここでManejo Floresta Sustentavel (持続可能な森林管理)を学びます。

f0096068_514582.jpgf0096068_5142336.jpg








種を拾って、蒔きつけます。そしてみんなの波動を送ると、木の赤ちゃんが芽生えました。
f0096068_517537.jpg森の劇の後は、植樹地に向かいます。










f0096068_5194595.jpg
クルピーラとマァイ・ナトレーザ(自然の母)から植え方の説明を受けます。

f0096068_521195.jpg
手袋(ビニール)をつけて、待ちに待った植樹開始。

f0096068_5234393.jpgf0096068_524372.jpg














f0096068_5261287.jpg
今回、苗の樹種数を伸ばせず、20余種と少なめでした。でも、良く根の発達した苗ばかりでした。

f0096068_52837100.jpg
植樹後、輪になって、恒例のViva Natureza!(自然万歳)。

f0096068_5303011.jpg
記念の「FLORESTA NETWORK EARTH VILLAGE」看板前に集合。

f0096068_5344536.jpg
看板の後方、垂れ幕のある場所から植樹を開始しました。生徒たちの植樹後、作業員4名とAsflora会員が継続して植えています。
来週中(5月6日まで)には、2000本+アルファの植つけが終わることでしょう。

f0096068_5364252.jpg
ランチタイム。この後、11時15分、待っていてくれたバスで帰路につきました。

ネットワーク『地球村』の皆様、ご支援ありがとうございました。
立派な土地本来の森になるよう管理してゆきますので、ぜひ見に来て下さい。

2011年4月30日         Asflora-アマゾン森林友の協会 佐藤卓司

[PR]
by wagahai_tt | 2011-05-08 05:38 | Asflora
<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>