10月度Asfora便り 2

f0096068_4521851.jpg



Asfloraの活動報告を紹介します。

       ASFLORA便り 2010年10月(2)

10月8日(金)Aimex種苗センター
Asfloraでは、ベレン市から25km離れたベネビーデス市のAimex(パラ州木材輸出工業協会)種苗センターをホームグランドにして、環境教育活動を継続しています。前月9月度も3回、当月は6回、「Asflora森の劇」を含めた環境教育プログラムが実施されます。

Asflora便り受信をきっかけに、私共へご支援を頂いている日本の(株)藍工業、宮本俊雄社長に、8日(金)朝からAimex種苗センターを訪問して頂きました。 午前中は、植樹地を見て、午後は地元小学1年生への環境教育プログラムに参加して貰いました。
f0096068_4545231.jpg
種苗ラボで、材鑑を熱心に見ている宮本さん。同氏は建築業をされており、南米の材も利用されているそうです。 木材を長く大切に使うことをモットーとされていて、持続可能な森林管理に強い関心を寄せられています。

Aimex種苗センター敷地内に混植密植方式(宮脇方式)で植えた、植樹地を宮本さんと見て回りましたので、その写真を以下紹介します。

f0096068_4584789.jpg半年前(2010年3月30日)に植樹した、「第18回宮脇実験林」です。 下刈り4回目が済んでいて、生育状況は良好です。看板の近くはパイオニア樹種のパリカが目立つので、これはもう少ししたら、抜き刈りしようと思います。




f0096068_502525.jpg2009年3月植樹「ブラジル京都の森」、1年半経過の森です。もう下刈りは必要なくなりました。







f0096068_521462.jpg同じく2009年3月植樹の「17回宮脇方式実験林」ここも、1年半が経過、今後の管理は自然の競合に任せて行きます。






f0096068_53461.jpg2008年5月植樹「日本移民100周年記念の森」2年半近く経ちました。地拵時の有機質が少し足りなかったことと、植えつけ後に乾燥したことで、他の場所に比べると、少し生育ぶりが劣ります。



f0096068_58632.jpg
2007年3月植樹「第15回宮脇実験林」   植樹後3年半が経過。2005年植樹地に隣接しています。

f0096068_5112433.jpg
2005年3月植樹「第13回宮脇実験林」   5年半経過。 ここに来ると涼しくて、見学者に最も好まれる森となりました。


この日(10月8日)も午後から、地元ベネビーデス市立の二つの学校から、Asflora環境教育プログラム実施を、授業の一環として依頼されていました。午後2時から1時間半、宮本さんにアンジェリカ・サーレス校の小学校1年生たちへのこのプログラムに参加して貰いました。

以下、その時の写真を貼り付けます。
f0096068_5152115.jpgf0096068_515427.jpg









f0096068_5193486.jpg森に入って、エンジーに出会いました。
ここで、ビックリして泣き出した子が2人居ました。






f0096068_5224668.jpgお馴染み、樵と老木のシーンです。
午後の森、木立の間を縫う日差しが綺麗です。







f0096068_5244179.jpgいつも木の上に居るオウム君、体重が増えてしまい(?)枝が折れると怖いそうで、今回は地上に降りてきました。 スキンシップで子供たちとのやり取りをしました。





f0096068_5272534.jpg
森の劇団員、前日とこの日合わせて、3回の公演をしています。子供たちの笑顔に支えられて、Asfloraへのボランティア活動を続けてくれている仲間たちです。ありがとう!


                  ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazonica
                                       Takushi Sato
                                     Diretor Presidente

                                      Marluce Amorim
                                      Coordenadora

[PR]
by wagahai_tt | 2010-10-30 05:29 | Asflora
<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... 10月度Asflora便り >>