ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(95)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

162.              イコアラシ

ベレン市郊外にイコアラシ郡がある。
   
イントロッカメントからアウグスト・モンチネグロ街道に入り、30km程走るとイコアラシに着く。
f0096068_2464097.jpgf0096068_2475100.jpg






   


アマゾン河に面した田舎町で、漁港にもなっているので、毎日アマゾンの淡水魚の水揚げがある。
f0096068_2501985.jpg
   
近場のレストランではツクナレ料理やカランゲージョ(泥蟹)など、新鮮な川の幸を食べさせてくれる。
f0096068_2542967.jpgf0096068_2545084.jpg









f0096068_2573937.jpgしかも、道路脇の木陰の下にテーブルを並べて、戸外での食事もできる。

こんな場所での食事には風情を感じる。
   




f0096068_30942.jpg河沿いの一角には、コーコ(椰子の実)を冷やして売っている屋台が並んでいて、車で横付けすると冷えたコーコを持って来てくれる。
   






その他にもイコアラシは、セラミックス(陶器)を作っていることでも有名で、国内各地からの注文もあるようです。陶器は大小様々なものがあり、人気がある素朴で幾何学的なデザインのものが多い。
イコアラシでは良質の粘土は出るが、高温で焼く窯が無いので、比較的肉厚のものになっている。
f0096068_343976.jpgf0096068_35180.jpg




   




このイコアラシの中心地近くに1975年に日系人の手でオープンしたアマゾン・カントリー・クラブがある。
f0096068_38788.jpgf0096068_382720.jpg




   




f0096068_312687.jpg若い者に混じって94歳(当時)の一世の人も元気にプレーしていたのには感動した。
   






このクラブは、ゴルフだけではなく野球場・テニス場・サッカー場・プール等を併設した、日系人を中心にした憩いの場所になっている。
f0096068_315796.jpgf0096068_3153649.jpg









   
毎年1月1日には、このゴルフ場のクラブハウスで、メンバーが集まり餅つき大会を開き、つきたての餅で舌鼓を打ちながら新年を祝ったものだ。
f0096068_3191311.jpg

 
今ではこのゴルフ場を取り巻くインバゾーン(不法侵入地帯)も立派な住宅地に変身している。彼等の逞しさが窺える。
f0096068_3225540.jpg


[PR]
by wagahai_tt | 2010-09-19 03:25 | 印象深い事柄
<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>