ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(78)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

145. アマゾンの恵み:ニン(ニーム)  
 
アマゾンでは「ニン」 と呼ばれているニーム。

ニンの葉は、非常に苦い植物で、この葉を毎日2~3枚そのまま食べると
整腸剤 として胃腸に非常に効果が高いと言われています。
その場で一枚千切って食べてみたが苦い・苦い、強烈に苦かった。
   
その葉をお茶にして毎日飲むと更に効果が大きいようでが、苦いお茶です。
   
更に、虫害対策としても効果が大きく、 天然の農薬 としても使用されている。
虫害に対する効果は、次の3大効果があるようです。
   
1.害虫に食欲減退効果をもたらす拒食効果。
2.作物に虫害を寄せ付けない忌避効果。
3.害虫の脱皮などのホルモン作用を阻害する脱皮阻害効果。
   
人体に良く、病虫害にも効果があるニンは、素晴らしい木であることが近年の研究で明らかになっています。
   
ニンはセンダン科の常緑樹で、Azadirachta jndica(学名:アザディラクタ・インディカ)と言いインドを原産としている。
インドやアフリカの人は歯磨き代わりにニンの小枝を使っている。よく小枝を咥えている場面があるが、それがニンです。
インドやアフリカ、東南アジア、中南米など赤道をはさんだ国々では、「ミラクルニーム」と呼ばれマラリア対策 などで現地に絶大な恩恵をもたらしています。

ニンの種子、樹皮、葉には「殺菌消毒作用、抗ウイルス作用、解熱作用、抗炎症作用、抗潰瘍作用、抗菌作用」 などの効能が証明された化合物を含んでいます。
実から取れるオイル(ニームオイル)は医薬品や石けん、化粧品などの原料に利用されているほか、農業・園芸用の土壌改良資材、植物活性資材としても使われています。東南アジアのバナナ農園、中南米の胡椒やコーヒー農園では、積極的にニンを植えて病害虫対策に利用しています。

ニンは捨てるところが無く、オイルのほかにも葉を乾燥させたものはお茶として、葉のエッセンスは香料として、オイルの絞り粕(ニームケーキ)や葉、樹皮には防虫効果があるといわれ肥料や堆肥として利用できます。また、建材や家具材としても利用できアメリカの試験ではシロアリを寄せ付けない効果があったと報告されています。 

こうしたニンの素晴らしさが知られ、医薬的な利用はもちろん、「環境保全型農業の切り札」と評価されるなどドイツやオーストラリア、アメリカなど欧米では大変注目され国連でも研究が進んでいるようです。 
   
*ニンの果実種子
f0096068_5342043.jpg
   
有機農業や無農薬やオーガニック栽培において、環境汚染を発生させないで、益虫にも人畜にも無害であることが分かってきました。その結果、ドイツ、アメリカ、カナダ、オーストラリア等で急速に利用されるようになり注目を集めています。
アメリカでは1985年より環境保護庁の認可により全米50州で利用されているようです。

*ニンの葉
f0096068_536133.jpg

健康のためや、穀物のなかに混ぜて防虫効果や、抽出エキスは
殺虫・防虫 に利用、更にお風呂にいれると肌の弱い人にとても有効なようです。
アウトドアなどで、蚊をよせつけないように、バーベキューの炭と一緒に燃やすなどの使い方もあるようですよ。
   
*ニンの花
f0096068_5382652.jpg

ニンの花から取れた蜂蜜は、肥満になりにくいと言われています。
花の味も苦く、健康のために役立つとされています。
そして、空気を清浄にする作用があるとも言われているようです。

*ニンの木
f0096068_5431048.jpg
   
ニンの木は高さ15~20mにも達する常緑高木です。
決してシロアリを寄せ付けない木 として、アメリカでは建築材としてまっすぐな木に育てる研究が始まっているようです。

ニンの小枝の歯ブラシは、小枝の端を噛んで起毛させて歯をこすります。

日本で使われている「爪楊枝」のルーツ は、このニン(ニーム)です。

乾燥したニンの葉を煎じてお茶にして飲むと、整腸剤として胃腸に効果があると言われ、アマゾンでは飲んでいる人が多くいます。

[PR]
by wagahai_tt | 2010-05-12 05:46 | 薬用樹 | Comments(0)
<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>