ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(70)


ブラジルで印象に残った話をまとめてみた。

137. 
f0096068_9251516.jpg

アマゾン河口の街パラ州ベレン市は、アマゾン河の南側で大西洋から250km上流に位置している。
川幅400kmの本流 を越えれば、赤道直下の対岸の町アマパ州マカパ市となる。
この川幅の中に九州よりやや大きいであろう約5万平方キロの面積を持つマラジョ島 があり、パラ州に所属している。
   
394年 (2010年現在)の歴史を持つベレン市は、パラ州(人口600万人)の州都で約140万人が住んでいる田舎町であるが、 ポルトガル王朝直轄地の歴史を持っている。

f0096068_9523855.jpgf0096068_953366.jpg









街路樹はマンゴ並木とコロニア風の古い建物が立ち並ぶ町。

f0096068_1051124.jpgポルトガル王朝が1616年にヨーロッパ諸国の侵入を防ぐためにカステロ要塞 を築いたのが、この町のはじまりである。





f0096068_1083267.jpg市内には1878年に建設されたオペラハウス平和劇場 があり、今年で132年 経つが今も健在に活躍している。



f0096068_10134012.jpg平和劇場の正面入口から入ると、そこには劇場へに入口で歴史を感じさせる豪華な階段 がある。
当時の人達はこの階段を上ってオペラを聞いていたのだろう、当時の面影を想像させる雰囲気を持った劇場です。
   

f0096068_1017231.jpgf0096068_10173653.jpg









下町には聖教会があり、町の中心地にはナザレ大聖殿を持つ、歴史的にも宗教的にも栄えた町です。
   
f0096068_10195491.jpgf0096068_10202710.jpg









市内はマンションと戸建群がお互いに住み分けているように見える。
   
f0096068_1024475.jpg下町にはベロ・オ・ペゾ (重さを量る)と呼ばれる市場があり、毎日多数の市民が買い物に来ている。






f0096068_10275135.jpgf0096068_10282114.jpg









この市場では魚・野菜・果物・漢方などが所狭しと並べて売られていて、何でもここで揃うようになっている。
郊外の商店はここで品物を仕入れて地元に持ち帰り販売している。
   
f0096068_1032823.jpgこの市場の近くにエスタッション・ドッカ(波止場) と呼ばれるレストラン街がある。
中には数十件のレストランや土産売場などが軒を連ねて営業している。
夜ともなると家族連れが、気持ちの良い川風の中で食事をしている。
   

f0096068_10381767.jpgこのレストランの一角に、 1912年製の蒸気自動車 が一台展示してある。
かなり大きなもので実際に走っていたのだろうか・・・?

[PR]
by wagahai_tt | 2010-04-02 10:39 | 印象深い事柄 | Comments(0)
<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>