ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(55)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

122. f0096068_632941.jpgアマゾンぶらり一人旅のとき、アマゾン河の支流ネグロ河の支流、その又支流の中にある離島の小さな学校 を訪問した。







f0096068_672273.jpgf0096068_675019.jpg









小さな学校なのでこの学校で学ぶ子供達も少なく、児童はこの島の子供達が中心なのであろうが、中には近隣の島々からカヌーで来て、この船着場から歩いて通学している 子供達もいるようだ。

一人の女性教師が教えている複式学級なのであろう、生徒数は少ない。
子供達の目は純粋そのもので、何でも見てやろうと言う目をしている。
昔の日本にもあった、 田舎の分校 の雰囲気そのものだった。
f0096068_611645.jpgf0096068_611332.jpg









外から教室の中を見ている時は、この子供達は明るく楽しく活発に勉強をしていたが、何の前触れもなくいきなり私(日本人=外国人)が教室に入って行ったので、先生も子供達も多少驚いたのか、顔が少しこわばっていたが、そこはブラジル人らしく人懐っこく受け入れてくれた。
次の時間は別の子供達の授業かも知れない。

将来この子供達の中から社長や政治家や大統領が生まれるかも知れない。
そんな可能性を秘めた子供たちだ。
先生の授業が面白いのか、子供達が授業を受けている時の笑顔は素晴らしかったよ・・・。

f0096068_6203963.jpgf0096068_6211323.jpg









アマゾンの自然環境 に囲まれたこの学校の前のイガラッペ(小川) では、水浴びをしている子供達がいたが、このイガラッペも雨季になると、乾季のこの時期の水位より10m以上水位が上昇 することを、丘の上の樹木に残っている足跡で知ることができる。

子供達が泳いでいた同じ川にはこんなやつも住んでいるのに・・・・・。

f0096068_6264867.jpgピラニア (これは生簀で飼っているものだが、同じ奴がこの川の中に住んでいる。)









f0096068_6295199.jpgワニ 
(こんな奴も時々顔を出している。子供達を襲う気配は無いが、こんな顔を見かけると気持ち悪いだろうと思うのだが・・・。ワニは臆病と言われているので、近づいて来ないのだろう。)




このような環境の中でノビノビと育っている子供達の逞しさと純粋さに感動した。

f0096068_6325449.jpgf0096068_6331246.jpg









この島への訪問は若い女性が操縦するモーターボートで行ったが、女性も逞しく、ボートの運転も荒っぽいもので、少々じゃじゃ馬なのであろう性格が覗いていた。
(彼女は見た目可愛い女性だが、将来このじゃじゃ馬を乗りこなす男性は大変だろうな・・(笑)。)

[PR]
by wagahai_tt | 2010-02-01 06:37 | 印象深い事柄 | Comments(0)
<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... Asflora便り:12月26... >>