「ほっ」と。キャンペーン

Asflora便り:12月26日 (土)

f0096068_672226.jpg



Asfloraから環境教育プログラムの活動報告が届きましたので紹介します。
12月第四弾、Asflora便り。

Asfloraは、サンタバルバラ市アマゾン群馬の森に隣接する、 開拓部落エスペジット・リベイロ の人たちと、この一年、水源の森つくり、森林農業の支援活動で絆を深めました。年末は入植地を離れて実家に帰る人が多いので、集まった人が少なかったのですが、それでも12歳以下49人と、13歳以上が75人、合計124人でした。
昨年末もここでのクリスマス植樹祭を行いました。自分で植樹した木が育ってきているのをいつも目にしているので、子供たちは植樹が大好きになっています。
今回は、いつも駆けつけてくれるAsflora理事エーデルの親類一同と友人たちに加え、次の日本人の方々も参加して下さり大いに賑わいました。群馬の森の岡島さん、平形さん、ご寄付を頂いたInd.Moldura do Norte社の月(ツキ)ご夫妻、ニッケイ新聞記者の下小園さん、農場主の瀬古さん、石塚さん、Asflora副会長山中さんなどです

f0096068_6191499.jpg
植樹地は、水源地帯で伐採された場所を選びました。Asfloraが実施している
イオン環境財団助成プロジェクト「水源の森つくり」 の一環です。
地拵え、施肥、植穴掘りなどの作業は、前日(クリスマス祭日)も休まずに入植農業者協会のミランダ会長が自ら先頭になって作業してくれました。
当日は1.200本25樹種を植えました。
f0096068_622272.jpg左は、月さん(木材加工輸出会社経営)と入植地の子達です。背景のヤブが枯れているのは、
野火 が入ってしまったからです。




f0096068_627469.jpg植樹後、参加者一同輪になって、
「自然万歳、クリスマスおめでとう!」 と声を張り上げました。




f0096068_6312389.jpg 昨年のクリスマス植樹祭
で植えた場所です。今年の土地はここより地味が良いので、もっと早く育つことでしょう。





f0096068_6435362.jpgf0096068_6441858.jpg








植樹後、サンタクロースが登場。子供に取り囲まれます。右写真の子、サンタにしがみついて泣きだし、離れ
なかった子です。

f0096068_651478.jpgでもボールを貰ってからニッコリしました。
f0096068_714978.jpg







f0096068_6561120.jpg
プレゼント、ランチ、苗木配布、植樹などの費用は、イオン環境財団さま、株式会社ミキモトさま(EFF/緑の募金)、藍工業さま、Indústria de Moldura do Norte社さまからのご支援で賄えました。本当にありがとうございました。


2010年も人と自然の調和を求め、アマゾンの森を知り、活かし、護るような活動を続けてまいります。ご指導、ご協力、ご参加をお待ちしています。
新しい年のご多幸をお祈り申し上げます。


ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazônica
代表 佐藤卓司
副会長 山中正二
理事 Eder Ramos
理事 Tássia Bezzera

[PR]
by wagahai_tt | 2010-01-28 07:08 | Asflora | Comments(0)
<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>