「ほっ」と。キャンペーン

11月19日(木)-「Asflora森の劇」、モジュー郡で増殖!

f0096068_7153288.jpg



11月度 Asflora自然保護活動報告 が届きましたので紹介します。

Asflora(アマゾン森林友の協会)は、パラ州の州都ベレン市から180km離れたモジュー郡カスタニャンデウア部落 の学校で、現地劇団員での森の劇公演を実現しました。 演じたのは、全て現地の人たちです。
公演に先立ち、Asfloraから劇団員が2週間の特訓指導を行いました。 主に15歳、16歳の生徒たち11人が11の役柄を、しっかりとこなしていました。

この学校は、モジュー市立ジョゼ・ドミンゴ・ド・ナッシメント校、カスタニャンデウア部落唯一の学校です。 森の劇は、学校近くにあるカスタニャンデウア川岸の森の中を舞台にしました。
f0096068_714241.jpg

第1回目の公演には45人の生徒と5人の教員、10人の部落の人たちが参加しました。
f0096068_718845.jpg f0096068_7185511.jpg









11人の登場人物の熱演で、観客の子供も大人もすっかり劇に引き込まれてしまいました。

今回の劇団養成と公演実現には、地元で油椰子園と採油工場を経営する
マルボルジェ農工株式会社(Marborges Agroindústria S/A) のご支援を得ました。モジュー劇団(ジョゼ・ドミンゴ校グループ)は、Asfloraの役員 エーデルのもとで、今後活躍を続けることでしょう。
11月中に2回、12月は部落の行事とマルボルジ農工社の忘年会でも披露をします。


ASFLORA-Instituto Amigos da Floresta Amazônica
Tássia Bezerra & Takushi Sato

[PR]
by wagahai_tt | 2009-12-10 07:29 | Asflora | Comments(0)
<< 11月20日 ベネビーデス市立... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>