ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(46)

ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

109. f0096068_852382.jpgベレンのヒルトンホテルの前にプラッサ・ダ・ヘプブリカ(共和国広場) と言う公園がある。







f0096068_873219.jpg市内には多くの公園があるが、共和国広場は周りをマンゴー並木で囲まれている大きな公園だ。







f0096068_885464.jpgこの公園内に由緒あるオペラハウス平和劇場( Teatro da Paz)がある。
平成天皇・皇后両陛下 がベレンをご訪問された時は、この平和劇場で我々進出企業や移民の日系人による物産展をご視察された場所でもある。

この平和劇場は1878年 に建設され、今年で131年経つが今も健在に活躍している。

f0096068_811421.jpg中の床はわざわざポルトガルより技術者を呼び寄せて施工されたもので、当時のポルトガルの技術の高さ が窺える。




f0096068_8314440.jpgこの劇場へのエントランスの極めて豪華な造りには、当時のヨーロッパ文化を感じる。







f0096068_8164921.jpgこの公園の脇にマノエル・ピント(Manoel Pinto da Silva) と言う名前のベレンで一番古い高層アパートが今でも健在である。




f0096068_8194299.jpg公園内の片隅に一杯飲める野外バールがある。木陰で風に当たりながら飲む冷えたセルピーニャ(パラ州のビール)は美味い。





木陰で冷えた美味いセルピーニャが飲みたい!!!!



110. 一時帰国でブラジルと日本を往復する途中に、家族でニューヨークに立ち寄り、ニューヨーク在住の友人の案内で市内観光に出かけた。
   
f0096068_8351285.jpg9.11テロにより崩壊した、マンハッタンの世界貿易センタービル も当時は毅然とその雄姿を誇っていた。
天気が悪かったので、下から見上げると半分より上は雲の中に隠れている状態だった。
   
高速エレベーターで展望まで昇ったが、外の景色は雨雲の雲海でニューヨークの市内は何も見る事が出来なかった。
早々と地上に降りてニューヨークハーバーへと向った。
   
f0096068_8371578.jpg そこには1886年アメリカ独立100周年を記念して、 フランスから贈られた自由の女神が、 リバティー島に誇らしげに立っている。
   
f0096068_8412038.jpg最後は友人の住んでいるニュージャ-ジ州を訪問し、ハドソン川の対岸に位置するニューヨーク州マンハッタン を望むレストランで食事をした。




子供たちと共に家族の良き思い出となった。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-11-28 08:46 | 印象深い事柄 | Comments(4)
Commented by シカゴより at 2009-11-29 02:02 x
今から42年前、学生の時両親の伯国駐在に同行し、約二年半サンパウロに居りました。Rua Visconde de ouro pretoにある高層マンションに住んで、当時学生でしたので昼はモロンビーにあったアメリカンスクールに通ってましたね。よく学校をサボって親に内緒で車を運転して、日中ドライブを楽しんでました。お昼は片田舎のレストランで昼定食(フェジョン・リングイッサ)がとても美味しかったのを記憶してます。オニブスでレシフェ・サルバドール・ブラジリアに行きましたよ、若かったんですね。またイグアスには自分独りで車を運転して、一中夜走って行った事もありました。同時はまだ治安も良くて、一人旅で路上に車を止めて寝ていても危険は感じませんでした。週末はゴルフしかなかったので、当時できたPLゴルフクラブに行ってました。まだ出来たばかりで、ラフやグリーンがボコボコだった記憶があります。ただゴルフの後大きなお風呂があり、入るのが楽しみでしたね。今は米国シカゴに流れて来ましたが、死ぬまでにもう一度サンパウロを訪問したいです。
Commented by wagahai_tt at 2009-11-29 10:57
シカゴよりさん、おはよう・・・・・・・。
42年前に、サンパウロ在住経験があるのですか、ブラジルはインパクトが強かったのではないですか、文化的にも、人間的にも・・・・。
住いはサンパウロのど真中ですか、確かコンソラソン通りやアウグスタ通りの近くではないですかね・・?
17年前に、パウリスタに近いマノエル・ダ・ノブレガ通りに2年弱住んでいましたよ。それ以外はパラ州ベレンのアマゾン地域ですが・・・(笑)。
イグアスまで車ですか・・・、何度もイグアスを訪れましたが、全て飛行機でしたよ。
サンパウロではよくPLゴルフ場やアルジャゴルフ場でプレーしたものです。我々の時代は既に立派なゴルフ場でしたよ。アフターゴルフはセルベィジャ、カイピロシカ、カイピリーニャ、麻雀にと楽しんでいましたよ。
食い物では、フェィジョアーダやツクピーが好きでしたね。
それにしてもブラジル・サンパウロに良い思い出を残していますね。
今はシカゴですか、これも良いですね・・・!!!
是非もう一度サンパウロを楽しんできて下さい。

Commented by シカゴより at 2009-12-02 13:00 x
40年前サンパウロに到着して税関職員に賄賂を渡すと、税関での順番や検査が早くなったり、また運転免許書を取得するにも自動車学校の先生経由で賄賂を事前に渡しておくと、ペーパーテスト試験日に、交通局の係官が傍に来て正解を指で指して教えてくれました。最近はどうなんでしょうか、昔はおおらかだったんでしょうかね???無免許で運転中にPOLICIAに止められた時は、その時は免許書が無かったので、日本のパスポートをこれが国際免許書だと言ったら、OKしてくれました。こんな良き時代はまだ続いているのでしょうか???周りのブラジル人も賄賂と判っていても、払える奴はしょうがない、自分は払えないのだから、と言う感じで、とても大らでしたね。今でもその気風はあるのでしょうかね???
Commented by wagahai_tt at 2009-12-02 17:18
シカゴよりさん、こんにちは・・・・・・・。
以前はお金で運転免許証を買っていたようなものでしたね。
日本の免許証があれば、そのままブラジルの免許証に書き換えてくれていました。
日本でもブラジルの免許証があれば、日本の免許証に書き換えていましたが、最近は出稼ぎブラジル人の犯罪も多くなってきたため、免許証の書換えを厳しくしたら、報復措置としてブラジルでの日本人・日系人の免許証書換えが非常に難しくなりましたよ。
上は議員や上級役人から下は警察官まで賄賂の世界はあまり変化は無いようですよ。
賄賂要求に最初の頃は怒り心頭でしたが、慣れて来ると上手く便利に使うようになりましたね。
小遣い銭で煩わしさから開放されるのであれば、賄賂も歓迎しますよ(笑)。

<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>