ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(41)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

99. 隣町カスタニャールの入口に、広大な敷地のキャンプ村がある。
f0096068_720090.jpgこのキャンプ村には、宿泊できるロッジ10棟ほど建ち並び、宿泊者はロッジでバーベキューをやっている。
バーベキューは、ロッジに宿泊しなくても出来る専用場所があり、子供連れはバーベキューコーナーで楽しくやっている。




モーターハングライダーの簡単な飛行場もあり、離陸・着陸の練習も行いながら上空の飛行を楽しんでいる。

f0096068_7213250.jpgこのキャンプ場には、子供向けの乗馬コースもあり、子供たちが喜んで初体験の乗馬をやっていた。







f0096068_7232855.jpg又、湖では二人乗りのスワンボートがあり、子供たちが順番を待ちながら乗って楽しんでいた。
砂浜ではビーチバレーを楽しむ大人たちが汗を流している。





子供たちが楽しんでいる間は、我々はレストランに肴を頼んで、冷えたビールを飲みながら、待つことになる。
朝から夕方まで楽しんで帰るが、片道1時間のドライブでストレス解消にもなり、更に子供達の喜ぶ顔を見るのも、たまには良いものですよ。

街のド真中にこの様な施設を作り、市民の憩いの場にしているのもいいものです。
ここは入場料が必要で、誰でも入れるわけではないので、治安も維持されているのが、更に良い。


100. 帰国するに当たって、社員達が盛大な送別会をやってくれた。

1993年に一回目の帰国、この時期はベレンの会社とサンパウロの販売会社を兼務していたので、半月をベレンで、半月をサンパウロでの勤務体制で毎月4,000kmを往復しながら勤務していた。
不思議なもので、ベレン勤務時にはサンパウロが気掛かりになり、サンパウロ勤務時にはベレンが気掛かりになるものだ。

サンパウロの社員の送別会やベレンの駐在員家族の送別会を受けて、1993年に帰国した。
f0096068_7275924.jpg1984年に赴任して、1993年まで9年間の勤務後に帰国して、3年間日本での勤務の後、1996年に再度ベレンに赴任した。







1996年から2002年の6年間の勤務後、定年の1年前に本格帰国した。
サラリーマン人生の半分近くになる、通算15年間をアマゾンで過ごしたことで、ブラジルが第二の故郷になってしまった。

f0096068_7305994.jpg2002年の送別会では、係長クラス以上の社員が、家族一人を帯同で参加したので、約200名の集いとなり、シュラスコレストランを借切りで、食べ放題・飲み放題のお別れ晩餐会となった。





f0096068_7332972.jpg初めて会う社員の家族とも和気藹々で楽しい一時を過ごしたことで、思い出深い送別会となった。







今では永住ビザ継続のために、2年に1回の頻度で第二の故郷を訪問して、現地の友人・知人と旧交を温めている。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-09-30 07:35 | 印象深い事柄 | Comments(0)
<< Asflora植樹ニュース(... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>