ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(21)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

56.アマゾンの田舎へ入ると、 橋は木造の橋になる。

f0096068_77292.jpg写真の橋は、まだ街に近いところの橋だから立派なものだ。
更に田舎へ入ると、 片側3本・両方で6本の丸太が渡してあるだけの橋もあり、その上を、荷物を満載にしたトラックや乗用車が通過する。

トラックで渡る時は、我々は降りて車輪がうまく丸太の上に乗るか見てやることになる。
場所によっては片側2本の丸太の時もあるが、この時は怖い思いをする。
乗用車はタイヤが二本の丸太に嵌って傾くか、下手な運転すると川に転落する事になる。

写真のように平板を渡してあれば、トラックも乗用車も安心して通過できるのだが・・・。

写真のこの橋は、 雨季になると増水して橋が水没する。


57.パンタナールで大きなワニを釣った。

f0096068_7123332.jpg実際に釣った訳ではないが、ピラニア釣りの最中に、 釣ったピラニアを食べようと跳びついて来る。
野生のワニを、自然の川の中で、しかも近くで見ると迫力がある。


f0096068_7133455.jpgピラニアを釣りながらワニの観察だった。

カヌーの船底の一枚板の下は、怖いピラニアと怖いワニだ。






でもアマゾンで本当に怖いのは、 カンジルだよ。
ドジョウのようなナマズで、表面がヌルヌルしている肉食の魚で、動物の穴(肛門・女性性器・目・鼻・口など)など、あらゆる穴から侵入し、 内蔵を食い荒らしながら前に進む魚で、一番危険なようだよ。

f0096068_7194338.jpgこんな魚がアマゾンには住んでいるので、昔のインディオの女性は陶器や木製の貞操帯を着けて、洗濯のために川に入りカンジルを防いでいたようだ。

インディオの知恵が、今でも伝わっているのは素晴らしい。



アマゾンでも歴史の継承だね。


58.ベレンから首都ブラジリアに向う国道(BR-316)の傍らに、巨大なガソリンスタンドがある。

f0096068_7215046.jpgブラジルは日本の23倍の面積を持つ広大な国だ。
広大な国土の南北5,000kmを結ぶ運搬は、 大部分をトラック輸送に頼っている。




勿論、鉄道など走っていない。
トラックの運転手は殆どが一匹狼で、長距離を一人で運転している。
昼間走行する運転手もいれば、夜間走行する運転手もいる。
こんな運転手の休憩場所がガソリンスタンドだ。

国道沿いの一際大きなガソリンスタンドでは、トラックやカヘッタ(トレーラー)が30台ほど止められる広さで、給油スタンドが3箇所に分散して、運転手の宿泊場所・入浴場所・食堂・トイレなどを兼ね備えている。

一般的なガソリンスタンドは、トラックを5~6台を止めて休める場所がある位で、運転手はトラックの荷台片側の下にヘッジ(ハンモック)を吊って寝ている。
いわゆる、鍋・釜・ヤカン等の生活道具一式を携帯しているトラック野郎どもだ。
外敵(強盗など)から身を守る為に、このような場所で一晩共同生活をしている。

国道を走っていてパンクすると、路肩に止める羽目になり、それこそトラックも積荷もハイエナの餌食になりかねない。

彼らのトラックはその点の対策はしてある。
f0096068_7254721.jpg長距離走行の途中でパンクしても、 コンプレサーでタイヤに空気を入れながら、最寄りのガソリンスタンドまで走れるようにしている。



長距離用のトラックには、殆どこの装置を装備している。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-07-03 07:31 | 印象深い事柄 | Comments(2)
Commented by yukun2008 at 2009-07-03 20:26
こんばんは♪、ブラジルは長距離でもトラック輸送が主流ですから、こん
なパンクの応急処置の安全装置が付いているのですね~!。
Dutraの高速道路を運転していて、大型トレーラーの再生タイヤがバー
ストして飛んできて、決死の覚悟で乗り越えて走ったことがよくありまし
た。マナウスの穴だらけの舗装道路も大変でしたが、スピードが出せな
い分、安全の様な気がしましたね(笑)
Commented by wagahai_tt at 2009-07-04 06:00
yukunさん、おはよう・・・・・・・・・。
ブラジルのトラック野郎はワンマンが多いのですが、中には二人で交替しながら運転してベレンからサンパウロ迄を二日で運ぶ連中が居たのには驚きましたよ。
再生タイヤのバーストは、国道上に良く転がっていましたね。
高速で避けそこなうと事故に繋がるので危ないのですが・・・・。
アマゾン地帯は灼熱と半年の雨季の雨で道路の傷みが早く、補修が追いつかないので、穴だらけですね。
タイヤの性能も悪い為か、穴に落とすとすぐパンクするので困ったものでしたよ。

<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>