ブラジル紹介:面白い出来事・印象に残る事柄etc.(17)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

48.ブラジルのハイパーインフレ時代の企業会計制度は、 コレソンモネタリアと言う価値修正制度で、インフレ利益を控除していた。
優れたこの制度が無ければ、企業経営は成り立たなかったであろう。
その上、インフレ利益で税金ばかり支払う羽目になっていたであろう。

この制度の特徴は、バランスシート(B/S)の流動性資産や流動性負債勘定は日々インフレの影響を受ける事になるが、 固定資産や資本勘定 は全くインフレの影響を受けない。
そこで、固定資産や資本勘定は、 政府が発表する一定のインフレ指数 で各々修正する。
一般的に固定資産勘定より資本勘定の方が大きいので、同じ指数での修正ではバランスシート上では損失が発生する。
この人為的に発生させた損失を損益計算書(P/L)に反映させて、インフレ利益を調整する方法だ。
例えば、100%インフレ指数の時、固定資産100を100%修正して200にし、資本勘定150を同じく100%修正して300にして、200-300=-100と言う損失を人為的に発生させる。
これを決算に反映させてインフレ利益を控除する方法だ。

この制度で、当時のインフレ時代を切り抜けることが出来たが、今はインフレも非常に小さくなり(年間10%程)、この制度自体が無くなった。


49.ブラジルは国土が広大なので、インフラ部分に多少遅れがあったようだ。
経済成長と電力供給がアンバランス になった結果、ブラジル全土で電力不足となり、 2001年7月に全国的な節電計画が発表された。
北伯パラ州には、前年比15%の節電を義務付けて、内11%が工業部門の節電義務だった。
一般家庭を巻き込んでの節電計画で、 
未達成の場合は、罰金を払うと言うそれなりのペナルティーがあった。

企業は、各社操業をダウンさせて対応したり、当社のように発電設備2基を投資して対応したりと、頭を悩ませた時期だった。
国家的な電力不足で危機に陥るとは、誰も思ってもいなかった。
それだけに節電義務が発表された時は驚いたものだ。

当然、この非難の矛先は連邦政府(国政)に向けられたが、国民としてはどうしようもないことだった。

我家では、前年、 洗濯物を乾燥機で乾燥させていて、 電力の無駄使いが大きく、前年比で見ると何等策を講じなくても、目標を達成できた。

こんな反省を含めた、記憶に残る経験だった。

50.サッカーのワールドカップ が始まると、開催国がどこであれ、ブラジル国民の盛り上りは凄い。
特にブラジルチームの試合となると、混雑していた市中が閑散とする。
開催地を問わず、それだけ全国民がブラジルチームを応援しているのだ。

会社の従業員も例外ではない。
試合の時間帯にもよるが、時差のある国なら夜中に試合があり、時差が無ければ同じ時間帯に試合があり、従業員達が試合を見たがる。
それが仕事時間の試合なら大変だ。誰も仕事をしないし、仕事が手につかない。こんな状態では、労災事故も起こりかねない。
そこで、 各職場にテレビを置き特別休憩時間を設けて観戦させたり、時間にもよるが早目に帰宅させたり、朝一番からの試合の場合は特別休日にしたりと、その都度対応していた。
もちろん各職場でのテレビ観戦は、 我々各駐在員の自宅から運んだテレビで、職場で見せたものだ。
これが4年毎の光景だった。

更に驚くことには、ワールドカップが近づくと、近隣住民が道路を通行止めにしてアスファルトの路上に大きな絵を描いていた。
これが上手い絵だったのでわざわざ見に行ったものだった。

日本では決して無い、 こんな光景も長閑で良いものだったよ。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-06-17 07:31 | 印象深い事柄 | Comments(2)
Commented by yukun2008 at 2009-06-17 21:51
こんばんは♪
ブラジルもいつの間にかIMFへ巨額の融資をする大国になって、BRICsがG7にとって変わる時代が来てしまったようですね。
でも、ブラジルから来る財務報告書にはいつも不可思議な所があって、
理解するのが大変です。
ほんとうに儲かっているのかよく分かりませんね(泣)
Commented by wagahai_tt at 2009-06-18 05:17
yukunさん、おはよう・・・・・・・・。
BRICsの中でも特にブラジルには可能性が高いように感じますが、如何でしょうか・・・・?
ブラジルの財務諸表は、各種税金の問題や為替の問題もあり、在庫評価一つにしても決算に大きな影響を与えますね。
これらの要素で実態が分り難くなっているのでしょうね。
決算内容と資金の動きとの両面で見る必要がありますね。

<< ブラジル紹介:面白い出来事・印... ブラジル紹介:面白い出来事・印... >>