ブラジル紹介 : 面白い出来事・印象に残る事柄etc.(4)


ブラジル赴任当時の印象に残った話をまとめてみた。

11 . 連邦財務局(Recita Federal=日本の国税庁)の監査が隔年に一度行われる。
その時の監査人にもよるが、中には多額の賄賂を要求する奴もいる。
ブラジルは、国会議員、地方議員、役人、果ては警察官まで賄賂を要求する。
この辺りが発展途上国と言われる所以なのかも知れないが・・・。
当初は、非常に怒りが込上げてきたものだが、 「郷に入っては郷に従え」 と言われてからは開き直った。
監査では必ずどこかにいちゃもんが付くので、我々としては調査して欲しくない部分は徹底的に隠し、見られても大丈夫なところにはお土産を用意して置いた。
監査人 :「こんな間違いがあったので、これは否認するよ」
我輩  :「仕方ないな、間違いはそこだけだったか・・?」
監査人 :「まだ全部見ていないので、これからだ」
彼らも全くミスがなかったとなると、「調査していないか、自分一人で賄賂を受取ったか」と疑われるので、簡単なケアレスミスは否認対象として、我々も認めてやることにしている。
その内、用意していた土産 に食いついてくる。
監査人 :「これはおかしいのではないか・・?」
我輩  :「全くおかしくないよ、 見解の相違 だよ」
ここでかなりの時間を掛けて議論をして、 監査日程 を一気に縮めることにする。
監査人 :「これは認められない」
我輩  :「どうすればいいのだ、裁判か・・・?」
監査人 :「裁判をしても良いが、時間もかかり得策ではないよ」
我輩  :「他によい方法でもあるのか・・?」
監査人 :「表に出さないように手を打つことも出来るよ。」
ここで賄賂を要求していると判断して、
我輩  :「幾らで出来るのだ。否認による支払税額の10%か・・・?」
監査人 :「仲間もいるので10%では無理だ、20%は必要だよ」
ここで一気に金額を確定 する。
我輩  :「お前達は会社を潰したいのか」
監査人 :「そんなことは考えていないよ」
我輩  :「税額の20%も払えないよ、10%にしてくれ」
監査人 :「少なく見積もっても15%は必要だよ」
我輩  :「分った(しぶしぶ15%を承認し)、今現金を持って帰るか?」
監査人 : 「現金は後で自宅に届けてくれ」
彼の自宅の住所を聞いて後日自宅に届けた。
監査人 :「中に入ってくれ」
我輩  :「現金を確認しなさい、お前達だけだよ、うまい汁を吸って私腹を肥やすのは」
インフレ時代の札束を数えながら、その中の一つを差し出して・・・。
監査人 :「これがお前の取分だ」
我輩  : 「えぇ・・・!!俺にも取分があるのか・・・?」
監査人 :「20%を承認していれば、分け前はもっと多かったのに・・」「ウイスキーでも飲むか・・・?」
我輩  :「飲むよ、乾杯でもするか?」
ウイスキーを飲みながら、時間を見計らって帰ることに・・。
我輩  :「そろそろ帰るよ」
監査人 :「このウイスキーを持って帰れ」
我輩  :「残り物は要らないよ、一本新しいものを持って来いよ。」
監査人が奥から一本持ってきたので、それを持って帰ることにした。
それにしても、私にまで分け前があるとは思ってもいなかった。
翌日、現金を会社に持ち帰り入金したのだが、やはり日本人だなぁ~、悲しいかな、独り占めはできなかったよ・・。
ただ、この入金が功を奏し、後日、社内の公認会計士達が、監査人から受取った謝礼を正直に申し出て、会社に返すようになった。
やはり正直は良いものだよ・・・・。
土産とは言え、否認による支払税額の15%で済んだことの方が大きい。
   
12 . ブラジル銀行の副支店長の子供の誕生日会に招待されて、彼の家に出向いて行った時、若い奥さんを紹介された。
彼は前の奥さんと離婚して、新たに結婚した相手が15歳ほどの年下のボニータで、デレデレしていた。
我輩  :「おい、若い奥さんを貰ったな・・・」
副支店長: 「えへへへ・・・」
ウイスキーを飲みながらテーブルに座っていたら、な・な・なんと・・・!!
前出の自宅まで行って賄賂を渡した、 国税監査人 が来たではないか・・・。
我輩  :「お前がなんで、ここに来たのだ・・」
監査人 :「俺はこいつと従兄弟同士 だよ」
我輩  : 「なに!!!」
2人とも黒人系のブラジル人だ。
ブラジルは広いが、世間は狭いね。 

[PR]
by wagahai_tt | 2009-04-26 07:12 | 印象深い事柄 | Comments(6)
Commented by ぷぷ at 2009-04-28 09:31 x
はじめまして!どこの国も暮らすことは大変そうですが、特にブラジルは大変そうですね。ところで東京、シカゴ、マドリード、リオデジャネイロが2016年のオリンピックに立候補してることは知ってますか?周りではリオ五輪の事の関して盛り上がってるのでしょうか?それで管理人さんはどこで開催したいと望んでいますか?
Commented by wagahai_tt at 2009-04-28 19:25
ぶぶさん、こんばんは・・・・・・・・。
はじめまして・・・・・。
日本を含めて、どこの国も生活は大変ですが、ブラジルは比較的生活し易いですよ。
今は日本にいるので、ブラジルの盛り上がりは分りませんが、オリンピックの候補地としては、騒いでいるでしょうね・・・。
治安・設備を考慮しても、次回のオリンピックは東京を推薦しますね。
省エネオリンピックを願いたいですね。

Commented by ぷぷ at 2009-04-28 21:42 x
返信ありがとうございます!。ブラジルは生活しやすいですか。今は日本にいるんですね。ブラジルは落雷が世界で最も多い国と聞いたことあるんですけど、管理人さんがブラジルにいた時は雷は多かったでしょうか?
Commented by wagahai_tt at 2009-04-29 06:38
ぶぶさん、おはよう・・・・・・・・。
ブラジルは南北5000km以上、広い部分では東西4000km程度の広大な国なので、一口でブラジルを評価できませんが、私が住んでいたアマゾン地域は雷が多かったですね。
他国と比較して多いかどうかは分りませんが、工場や高層建物には避雷針は取り付けていましたよ(一般民家は別ですが)。
スコールの時に落雷が起き易いのですが、トランス等に落雷すると一瞬に停電します。
高層アパートでは、自家発電設備を備えていたところが多かったですね。

Commented by 戸高 信行 at 2012-02-21 21:17 x
また暇をみて、このページ開きたいと思います
またいろいろ思い出して教えてください、楽しみにしています
ありがとう。 のぶ
Commented by wagahai_tt at 2012-02-22 05:52
訪問ありがとう。
ブラジル時代の面白いネタは、殆どカルチャーショックの世界のネタだったが、無くなって来ています。
又、思い出したら書くことにします。
又遊びに来て下さい。
<< ブラジル紹介 : 面白い出来事... ブラジル紹介 : 面白い出来事... >>