ブラジル紹介 : シリオ・デ・ナザレ


10月の第二日曜日 (2008年は10月12日)はシリオ・デ・ナザレ と言われる宗教祭がある。
この宗教祭には全国からも、海外からも、カトリック信者や観光客がベレンに集まり、盛大なイベントとなる。
f0096068_19555441.jpg


化粧直しをした下町にある歴史的にも建築物としても由緒ある聖教会から市中のナザレ教会まで、聖母マリア像 を乗せた車を中心に数十万人の人が行列で行進する。

聖教会
f0096068_1957282.jpg


ナザレ教会
f0096068_201488.jpg


毎年、車を引く綱を新調するようだが、昨年使った綱が空港のロビーに展示してあった、大勢の人がなんとか綱に触ろうとして引っ張り合うのか、太い綱も毎年どこかが切れるようだ、切れた綱 をつないでいる。
f0096068_2073286.jpg


行列に参加する人以外にも、行列を見る大勢の人のための観客席用の足場を共和国広場 の歩道に設置作業を行っていた。
f0096068_209630.jpg


当日は車の通行も規制され、一方通行も逆行になる。
ホテルも満杯になるので混雑を避けて早めに逃げ出し、11日に帰国した。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-04-10 20:11 | ブラジル旅行(2008年) | Comments(2)
Commented by pazz at 2009-04-17 01:50 x
シリオ・デ・ナザレの日には私の住んでいたアパートの横を信者さん達がナザレ教会に向かって恍惚と歩いていました。ある人は家の模型を掲げ、またある人は船を・・・信仰というものを実感したお祭りでした。
Commented by wagahai_tt at 2009-04-17 06:43
pazzさん、おはよう・・・・・・・・・。
盛大なシリオに参加するカトリック教徒は、自分の願い事を形にしたもの(家や、船や、車や、)を頭上に掲げて行進していましたね。
この1週間後の日曜日にはトロッカメントからイコアラシに向って、トラック野郎達が、イコアラシ街道を港まで、マリアの後に従って行進するので、凄い交通渋滞でしたよ。
その後マリアは船でベレンまで帰るのでしょうね。

<< ブラジル紹介 : 面白い出来事... ブラジル紹介 : グッズ・糸や... >>