ブラジル紹介 : 蒸気自動車 Ⅱ


ベレン下町のアマゾン河支流のガマ川沿いにエスッタション・ドッカ と言うレストラン街がある。
このレストラン街は、仕切りのない広い輸出用の倉庫3棟を改装して、そこにレストランやイベント会場や地ビール生産プラントや土産物屋など数十社が入り、ひしめき合っている。

地ビールは、作り立ての生ビールをその場で飲ませてくれるので、美味いよ。

このレストラン街は、テーブルや椅子の色や形で各々のレストランの識別ができるが、 壁や仕切板のようなものは一切なく、各レストランとも建物の中から屋外の川縁までの軒下で、各々のテリトリーにテーブルや椅子を並べて営業している。
この屋内の各レストランには仕切りがないので、天井にゴンドラを吊るしてバンドが生演奏 しながら、レストランで食事をしている我々の頭上をゆっくり行き来している。
ただ、その下で食事をすると勘定書きにバンドの演奏料金 が僅かではあるが入っている、支払を拒否すれば出来るのであろうが、拒否する人は誰もいない。
一定時間の演奏で、この僅かな料金を集めたものがバンドメンバーの収入源になっているのだろう、見ていて微笑ましい光景だ。

夜ともなると各レストランの川縁のテーブル には、スコール後の川から吹いてくる爽やかな風に当たりながら食事をする人で満杯になっている。
f0096068_724680.jpg



このレストラン街の一角に一台の蒸気自動車 が展示してある。

今回はこの蒸気自動車を紹介します。

前部の形 
f0096068_7254859.jpg


後部の形 
f0096068_7292275.jpg


横から見た形 
f0096068_7311372.jpg


大きさ 
f0096068_7324117.jpg
身長174cmと比べて大きさを感じて下さい。

ピストン 
f0096068_7343481.jpg
ピストンの部分が上部の左右2箇所にある。

ピストンの拡大 
f0096068_73693.jpg


釜の焚口の部分 
f0096068_7395424.jpg


誕生日 
f0096068_7431528.jpg
この蒸気自動車は、今から97年前の1912年5月15日製作のようだ。

メーカー 
f0096068_7461270.jpg
メーカーの名前であろう。

ただ、この自動車のハンドルはどれだろう・・・?
更に、この写真からは上のピストンで動かす動輪の動力を車輪に伝えるシステムが判らない。
果たしてどのように動くのか・・・・?

こんな車が実際に走っていたのだろうか・・・?

疑問も多い車だ。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-03-17 07:47 | ブラジル旅行(2008年) | Comments(8)
Commented by yukun2008 at 2009-03-18 21:42
蒸気自動車ですか~!?初めて見ました、鉄の車輪では大変だったでしょうね(笑)。ブラジルはライト兄弟に先駆けて世界で初めて空を飛んだというサントス・デュモンの母国ですからね~!意外にブラジルは内燃機関の研究が進んでいたのかも知れませんね♪
Commented by vangino at 2009-03-18 23:02
こんばんは~
天井からゴンドラをつるしての生演奏を聴きながらの食事は
ぜいたくな気分で楽しく食事できそうですね。
蒸気自動車には驚きました・・まるでミニSLですね!
Commented by wagahai_tt at 2009-03-19 06:47
yukunさん、おはよう・・・・・・。
この展示に説明書が無いので、ハッキリした事は分りませんが・・。
意外に、蒸気自動車等の研究も早かったかも知れませんね。
これを見ていると、どのように走ったのか想像し難い部分があります。

Commented by wagahai_tt at 2009-03-19 06:59
vanginoさん、おはよう・・・・・・。
広い場所に何社ものレストランが、ひしめき合っているので、
ゴンドラを吊るして移動することで、各レストランが共同してミュージックを提供できるシステムが、ブラジルらしいですね。

この蒸気自動車は、正にミニSLですね。

Commented by pazz at 2009-03-22 00:59 x
下町にレールの跡が残っていましたが、この機関車が走っていたのでしょうか?
いあや~ブラジルって奥が深い、魅力的な国ですよね!!
Commented by wagahai_tt at 2009-03-22 08:08
pazzさん、おはよう・・・・・。
この写真は蒸気自動車で、機関車ではないので、レールは必要ないようです。
下町のレールは実際に列車が走っていたようですよ。
ナザレ通りからアルミランチバフォーズに入るサンブライスには、昔の駅舎が土産物などの市場になっているようですよ。
ベレンとブラガンサを結んでいたようです。
機関車はカスタニヤールの入口に展示してあり、客車はナザレ通りの公邸公園の中でソルベッチを売っていて、中で食べさせていますよ。
ブラジルは508年の歴史ですが、国土も広いので色んな魅力がありますね。

Commented by pazz at 2009-03-26 01:30 x
情報をありがとうございました。新たな宿題ができました。
次回ベレーンに行く機会がありましたら訪れてみたいと思います。
あ~また一段とブラジルの魔力に魅せられてしまいました。アハハ
Commented by wagahai_tt at 2009-03-26 06:45
pazzさん、おはよう・・・・・。
最近のベレンは観光業に注力して、カステロ要塞の横にあるベレンで一番古い坂(歴史的な坂)にレールを敷設して、ベロペーゾを一巡するルートで観光列車を走らせる計画のようですが・・・。
まだ列車を見たことが無いので、走っているのかどうか分りませんが・・。
次回のチャンスに確認してみて下さい。

<< ブラジル紹介 : 土産物売り場 ブラジル紹介 : 熱帯フルーツ... >>