ブラジル紹介 : 熱帯フルーツ・カポチーリャ


(アマゾンで手広くやっている知人の農園を訪問して、種々熱帯フルーツを見て来たので、それぞれを紹介します。)

カポチーリャ と言う熱帯フルーツは、形はキウイそのものですが、キウイを少し大きくした握りこぶし大の果物です。
この果実は非常に甘く砂糖を混ぜたようで、しかもジャリジャリ感のある食感です。
f0096068_7255596.jpg

食感はアータと言う果物に似ていますよ。

ジャリジャリ感の食感で、しかも非常に甘い熱帯フルーツのアータ は、こんな形をした果物です。(写真が少々古いですが)
f0096068_727560.jpg
アータを割ると中はこのようになっていて、食べ方は指で摘んで種の周りの果肉を食べるのですが、甘いので子供達やご婦人には人気があります。
f0096068_7281053.jpg

我々には甘い砂糖キビから作ったカシャーサ の方が良いのだが・・・・。

一見アータに良く似た果物でビリバー と言う熱帯フルーツがある、この果物の食感はアータと違ってヨーグルトのような食感で、甘味もカポチーリャやアータほど甘くはない。(写真が少々古いですが)
f0096068_7294615.jpg
ビリバーは割って果肉をフォークやスプーンで食べます。
f0096068_7301611.jpg



アマゾンの豊富な熱帯フルーツは、当り前だが日本ではなかなか口に出来ない。現地で過ごしている間の、現地で楽しめるフルーツです。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-03-13 07:32 | 農作物 | Comments(2)
Commented by yukun2008 at 2009-03-16 11:57
なにか、釈迦頭みたいでしたね、台湾でもよく食べましたが、ジャリジャリした食感で甘かったですね~!ちょっと種が多すぎかな。
Commented by wagahai_tt at 2009-03-16 19:46
yukunさん、こんばんは・・・・・・・・。
呼び名は違うでしょうが、台湾にもアータがあったのですか・・・。
砂糖をまぶしたような、甘さとジャリジャリ感は懐かしいですね。
各房に一個の種があるので多いですね。

<< ブラジル紹介 : 蒸気自動車 Ⅱ ブラジル紹介 : 熱帯フルーツ... >>