カルチャーショック 107


帰国前に住んでいた賃貸アパートは、17階建てでワンフロアー2軒、34世帯のアパートで、広さが約250㎡ 超の広いもので、しかもアパートの名前がモンチ・フジ(富士山)だったのに、 カルチャーショック。(帰国後の我が家が狭く感じて仕方なかったよ。)




このアパートには3寝室があり、各部屋にバス・トイレ・洗面つきのスイッチだったのに、 カルチャーショック。(友人を泊めても、シャワーやトイレでお互いに気を使わなくて良かったよ。)




このアパートのサーラ(リビング)には来客用のトイレ・洗面が付いていたのに、 カルチャーショック。(お客さんが、各部屋のトイレを使わなくて済むよ。)




このアパートには、女中部屋まで含めるとトイレ・洗面が5ヶ所、シャワールームが4ヶ所あったのに、 カルチャーショック。(各人が好きな時、好きなようにシャワーを浴び、またトイレが使えたよ。)




このアパートの1階には遊び場として、大人用25mプールに、子供用円形プールと、バーベキューエリアに、サウナに、バスケット・フットサル等の多目的コートを備えていたのに、 カルチャーショック。(日本でこれだけの設備を備えていたらどの位の家賃になのか・・・?)

[PR]
by wagahai_tt | 2009-02-10 07:14 | カルチャーショック | Comments(2)
Commented by yukun2008 at 2009-02-12 07:05
僕が住んでいたのはワンフロアー4軒の150平米でしたが、シャワーは三箇所にあって、トイレは4箇所でした。一人で住むのには広過ぎましたが、セキュリティーのしっかりしたアパートは大きめでしたね。日本円で10万円の家賃は日本の半額以下でしょうね! 一階のパーティールームやシュハスカリアは盛況でしたが、プールやトレーニングジムやサウナは使う人が少なくて僕の専用みたいでしたね(笑)。
Commented by wagahai_tt at 2009-02-12 19:30
yukunさん、こんばんは・・・・・・・。
サンパウロでは150平米でしたか、それでも広いですね。
ベレンの250平米超での一人暮らしは広かったですよ。
ここは家具付で、そのまま引っ越せば良かったのですよ。
駐車場は2台分あったので、家内が来ても駐車には困らなっかたですね。
家賃は10万円を切りましたよ。
やはりアマゾンの方が安いですね。

<< ブラジル紹介:熱帯フルーツ・アブリコ ブラジル紹介 : 刑務所跡地の... >>