ブラジル紹介:アマゾンの自然林と宮脇植林


NGO Asfloraが同居するAIMEX種苗センターの裏にある植栽地で宮脇方式の植林を行いその成長を観測 している。
アマゾンで撮影した自然林と宮脇植林 を比較してみよう。
アマゾン地域には60万haもあると言われている荒廃地に森林再生を目的とした宮脇植林が、いかに自然林と同じような森林形成 を行っているのが判ります。

ごく簡単に説明すると、宮脇植林はその地域に自生している樹種を雑然と不規則に混植して、  植林後は人の手を加える事無く放置して、自然が淘汰するもの・淘汰されるものなど等、自然林としての成り行きに任せる方法での森林再生実験植林です。

自然林 
f0096068_74039.jpg
f0096068_74449.jpg
f0096068_752384.jpg


Asfloraが実施した森林再生を目的とした宮脇実験植林 
f0096068_774965.jpg
f0096068_782895.jpg
f0096068_791368.jpg
この宮脇植林は2005年3月に実施したもので3年半経過 しています。

宮脇植林は平坦な場所ではなく、植樹後は入れないような斜面 や、石ころなどが多く荒れた場所 でも有効に利用できるのが素晴らしいことです。
f0096068_1155629.jpg
写真の穴はこれから植樹を行う場所で、雑然と不規則に 開けてあります。



更に、同じ樹種の商業用純林や採種の為の人工植林 を見てみよう、違いが歴然です。

約5年経過の純林 
f0096068_7122918.jpg


採種目的の人工林 
f0096068_7141856.jpg
f0096068_715344.jpg

[PR]
by wagahai_tt | 2009-01-22 07:05 | ブラジル旅行(2008年) | Comments(6)
Commented by sumiko33m at 2009-01-23 14:39
こんにちは!
森は人の手を加えないで、自然のままが良いのか?
商業用や採種も必要でしょうし・・・
色々問題があるのですね。
Commented by wagahai_tt at 2009-01-23 19:13
sumikoさん、こんばんは・・・・・・・。
森林は大きな古木を伐採することで活性化するのですよ。
大木の下には2枚目の写真のように、幼木が沢山います。
彼等は大木が倒れるのを待っているのですが、自然ではなかなか倒れません。
そこで人手で一本倒してやれば100本の幼木が生長を始めます。
その意味では人の手を加えるほうが、森林の活性化には良いかも知れませんね。
一方商業植林は、育てた木をいかに美味しく食べるかですから、人手をかけてもより大きく成長した方が良いですね。
CO2の固定化では自然林が良いでしょうね。

Commented by koyomi-w at 2009-01-23 22:06
植林、という努力をしておかないと、
後世、大変なことになりますね。
志ある方々に敬意を表したいです。
Commented by wagahai_tt at 2009-01-24 07:47
koyomiさん、おはよう・・・・・・・。
今回取り上げた宮脇植林は森林再生プロジェクトで、荒廃地に森林再生を目的にしたものです。
日本国内でも鎮守の森の復活として何箇所も実施されているようですよ。
木材は短期間で再生可能な資源なので、有効に使用しながら植林による再生も同時に行うべきでしょうね、次世代の為にも・・・・。

Commented by pazz at 2009-01-25 01:03 x
宮脇植林は「その土地に育っている木々を植える」方法をとられていますね。
息子の言うことには日本でも山を削って開発された一般道路や、高速道路の斜面に植える植物を以前は芝だったけれどこの頃はその土地に元から植わっていたものを植えるようになったとか・・・宮脇植林と同じ手法が国内でもとられているのですね。
Commented by wagahai_tt at 2009-01-25 05:53
pazzさん、おはよう・・・・・。
宮脇植林は日本国内でも各地の「鎮守の森」を復活する為の植樹活動を行っていますね。
この植樹も地場に自生している樹種を主体に植樹しているようですよ。
国内も開発が進んで鎮守の森がなくなりましたね。
一方植林した山は杉・桧など針葉樹を中心とした誤った森林政策で、種々問題が起きています。
これを見ても「鎮守の森」がいかに大切かが窺がえますね。

<< ブラジル紹介:ジャリーナの種 ブラジル紹介:生き残りの知恵・... >>