ブラジル紹介: Asflora活動報告


2008年末にAsfloraの活動報告がありましたので紹介します。

12月27日(土)、Asflora(アマゾン森林友の会) では、今年3回目のエコ・クリスマス行事を行いました。
イオン環境財団から助成をいただいている、*水源涵養の森つくり の一環です。
場所は、ベレン市から50kmの距離にあるサンタ・バルバラ郡の入植部落内です。ここは、以前デンパーザという油ヤシ農場の土地の一部で、土地なき農民が入り込み、INCRA(植民農地改革院)が介入して、入植地として63家族に10ヘクタール単位で分譲した地域です。
不在地主も多いのですが、35家族くらいは、まだ電気もない土地内に住んでいます。3年前から、森(2次林)を開墾しています。入植者たちは、環境農業者協会を組織していて、森の8割を残す方針にしています。
ほとんどの入植者たちの現金収入は、子供の教育手当、家族手当、農村労働者年金などを国から毎月僅かな現金を貰っているだけです。一家族当たりの現金収入は、年金生活者のお年寄りが居ないと、最低給与の半分(200レアイス=7,700円)程度にしかなっていません。
でも、自分の土地を得て、張り切っている人たちは元気で気持ちがいいものです。

f0096068_8262195.jpg
①まず、用意した千本の苗木運びを全員で行いました。
f0096068_8274914.jpg
②水源林復元植樹の説明と植え方をエーデル技師が楽しくやっています。

f0096068_8292629.jpgf0096068_8295322.jpg








③フレイジョの苗を植樹している入植地の子、左の娘、ブラジルカラーのスカートです。
f0096068_8314041.jpg
④90人で1000本の苗を植えました。早生樹も入れたので、植え付け密度は2本/3㎡程度にしています。
後日、入植者の協会(エスペジット・リベイロ植民地環境農業者協会)とAsfloraで、有機質堆肥を使ってマルチング方式の施肥をします。

f0096068_8331260.jpgf0096068_8334838.jpg









⑤植樹を終えたところで、サンタ登場。誰が沢山植えたか知っていて、植樹優等生からプレゼントを貰っていました。
このサンタ、訛りがあって東洋人としてすぐ見破られました。顔中覆われて苦しかった!・・・初めてやりました。
f0096068_837544.jpg
⑥今回のエコ・クリスマス行事のリーダーたちです。

Asfloraでは、日本のNPO地球と未来の環境基金(Eco Future Fund)と「緑の募金」の助成を得て、来年、この開拓部落で、4カ所の森林農業(アグロフォーレストリー)支援事業と「Mottainaiキッズ植樹祭」を実施します。


Asflora-Instituto Amigos da Floresta Amazônica

水源涵養(かんよう)の森とは
地球環境という大きな観点からも森林は私たちに様々な恵みをもたらす自然の宝庫です。このため、「水を育む」「水を保護する」という視点で、水源地域の保全育成が必要です。水源涵養林の土壌は、雨水を貯留し、河川へ流れ込む水の量を平準化して洪水を防止するとともに、川の流量を安定させる機能を持っており、 「緑のダム」 とも呼ばれています。

[PR]
by wagahai_tt | 2009-01-16 08:40 | Asflora | Comments(4)
Commented by yukun2008 at 2009-01-17 20:24
ブラジルは真夏にクリスマスを迎えるので、サンタさんの衣装を着るのは苦痛で大変な努力と忍耐が必要ですね~!、でも嬉しそうな子供達の顔を見るとご苦労が報われることでしょうね♪。 月に200ヘアイスで一家が生活するというのは想像を絶する厳しさですね......。
Commented by wagahai_tt at 2009-01-17 20:47
yukunさん、こんばんは・・・・・・。
真夏でのサンタの着ぐるみはきついでしょうね、彼もヘトヘト言っていたようですよ。
子供たちはこれを楽しみに植樹祭に参加しているのだから、プレゼントは嬉しいでしょうね。
彼らの収入が200レアルの最低給与でも、食べ物は自然の中から採取できるので、飢え死にすることはないでしょう。
その分都会のサンパウロより恵まれているかも知れませんね。
彼らの心は大きいよ、貧しくてもより貧しい家庭の子供を引き取って養う度量を持っていますよ。
彼らのこの行動には感激しましたよ。

Commented by sumiko at 2009-01-17 20:48 x
こんばんは!
何時ものように子供たちの笑顔がいっぱいの植林風景ですね
今回は「エコ・クリスマス行事」だったのですね
サンタ役は暑い国では大変ですね
でもプレゼントを貰った子供たちの嬉しそうな顔で
ご苦労も救われる事でしょう。
Commented by wagahai_tt at 2009-01-17 20:58
sumikoさん、こんばんは・・・・・・。
子供たちはいつも明るくニコニコしていますよ、でも今回はクリスマス・プレゼントを楽しみにしているので尚更ニコニコでしょうね。
アマゾンの真夏の着ぐるみはさぞかししんどいでしょうね。
彼もヘトヘトだったようですよ。
いつも応援ありがとう・・・。

<< ブラジル紹介:生き残りの知恵・... ブラジル紹介:花 >>